• ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

WEBサービスを使ってデータを管理した経験談

パソコンが一般家庭に浸透して

★39歳 男性

パソコンが一般家庭に浸透して、あらゆるデータを紙の書類ではなくデジタルデータとして保存しておく事が、当たり前になりつつあります。
家庭用パソコンがインターネットに常時接続されている事が日常の事になっている現在、家庭でWEBサービスを利用してデータ管理を効率よく行なえるのです。
自身の経験として、留守にしている時の飼い猫の遠隔監視サービスというWEBサービスを利用して、監視映像データを管理した経験を挙げられます。今やかなり大容量のストレージ領域を、ネット経由で利用できるようになっていて、通信速度がかなり速いから、大容量データでもすぐに受け取れ、保存できるのです。
留守にしていても、留守宅にいる飼い猫が今どこにいて何をしているのかが、監視カメラ越しに明確に分かる事はかなり安心できます。
それに、監視データがネット上のクラウドサービスによって全て保存されているので、留守中、飼い猫がどんな行動をしているか、後で色々と調べる事にも役立ちました。
飼い猫の行動パターンをつかむ事もできたので、大変有意義な経験だったのです。

おすすめ情報